早いうちから勉強への関心を高めさせる

受験を考える

幼児教室の果たす役割

近年、「小学校受験」を考える家庭が増えてきました。近くにある小学校ではなく、電車で1時間近くもかかる小学校すら目指す場合もあります。「小学校受験」を行なう最も多い理由は、「子供に良い学習環境を与えたいから」です。両親の希望だけではなく、子供本人が希望するケースもあります。親子ともが「小学校受験」を希望し、目指すのです。「小学校受験」をおこなう児童が増加する今日、対策としての「幼児教室」に通うケースが増えています。「幼児教室」といえども、行なっているレッスン内容は非常に高度な内容のものです。幼児の能力についての研究を行い、それらの事実を基に、科学的なアプローチを行なうレッスンが数多くあります。決められた科目があるのではなく、トータル的な能力の開発が行なわれます。 一方近年では、目指す小学校だけの合格に的を絞った教室もあります。このような教室では、過去問からの課題や予想問題等を授業に取り入れます。また、面接時の対策も行ないます。多くの教室で、高い合格率をあげています。

1か月に必要な授業料とは

小学校受験対策用としての「幼児教室」は、「スイミングやピアノ」というような習い事とは異なります。1人1人の能力を導きだしたり、受験対策用に的を絞った「特別な内容」のレッスンを行ないます。そのため、幼児の習い事としては授業料が高めになります。 幼児の習い事としては、1か月5千円前後が一般的でしょう。しかし、「幼児教室」などでは、月に1万円から2万円前後必要になります。この費用は一見すると高いようにも感じます。しかし、授業内容と照らし合わせると納得できる授業料です。また多くの「幼児教室」では、授業内容だけでなく、子供達の生活面・精神面でのフォローを行なっています。授業以外でのサポート体制も充実しており、決して高い授業料ではないのです。